企業の社会的責任
[韓国リハビリテーション庁スポンサー「ピザ丸」による継続的な善行|ピザ丸提供]

2019.06

ピザマルは善行を続け、韓国リハビリテーション庁を後援することを決定

【スポーツソウル記者キム・ユンギョン】

韓国のピザフランチャイズであるピザマルは、CSR(企業の社会的責任)に関連した心温まる動きを続けています。

今回、ピザマルは韓国リハビリテーション庁に毎月定期的にスポンサーをすることを決定し、これに関連した看板吊り下げ式を24日に進めた。

韓国リハビリテーション庁は、法務省傘下の防犯活動を支援し、釈放された囚人の社会復帰を支援する組織です。

ピザマルは、公社が追求する社会的価値に同意し、地元で釈放された囚人が社会に適応するのを助けるために、毎月の福祉基金を定期的に後援することを決定した。

後援された金額は、初めての犯罪者のみの福祉基金として使用されます。その主な目的は、二次犯罪率を下げることで安全な社会を作ることです。

ピザマルによるこの動きの重要な点は、同社が継続的に善行を続けていることです。ピザマルは、継続的なCSR活動で業界や消費者の注目を集めています。 現在、ピザマルは、さまざまな地域で障害者や消防署のスポンサーシッププロジェクトを実施しており、地域社会に支援を提供するために大学生のボランティアサポーターを選出しています。

ピザマルの広報担当者は、「国内フランチャイズ企業はCSR活動に対する意識が低いのは事実だ」と述べ、「ピザマルは継続的な社会貢献活動を通じて国内フランチャイズ業界の文化を変革する」と付け加えた。
【ピザ丸提供】

2019.02

ピザマルは消防士を奨励するためのショーを主催しています
【グローバル経済レポーターキム・ヒョンス】

ピザマルは、仁川消防署の消防士とその家族のための励ましショーを主催したと発表した。

このショーは仁川消防署で開催されました。 消防士とその家族を含む約300人が参加しました。ピザマルのモデルで奇術師のイ・ウンギョルとピザマルの公式サポーターである大学生のボランティアがこのイベントに参加しました。マジックショーに加えて、ピザケータリングが提供されました。

「ピザマル大学生サポーター」は、地域社会に貢献するために選ばれた大学生ボランティアグループです。 5人のメンバーからなる合計4チームからなるボランティアグループは、来たる6月まで活発な活動を行います。
[韓国パラリンピックパワーリフティング連盟会長、イ・ビョンド。ピザマルの礼儀。]

2017.07

ピザマルがコリアパラを支援するためのビジネス契約を締結
パワーリフティング連盟とアスリート

【e-デイリーレポーターチョン・テソン】

20日、韓国パラリンピック委員会に所属するフードゾーンと韓国パラパワーリフティング連盟は、アスリートを支援するためのビジネス契約を締結した。

ピザマルは、フランチャイズとのウィンウィンイベントを実施し、国際救援開発NGO「グッドネイバーズ」とビジネス契約を結ぶことで、共存を実践しています。

このビジネス契約は、定期的にピザを配達することで厳しいトレーニングに従事しているアスリートに小さな感謝の印を提供することを目的として始まりました。ピザマルのイ・ヨンジョン最高経営責任者(CEO)も韓国パラパワーリフティング連盟の副会長に任命された。 これにより、ピザマルは、単なるスポンサーシップの概念を超えて、アスリートの記録の向上をサポートするために、積極的かつ責任あるビジネス契約を履行することを約束しました。

韓国パラリンピック・パワーリフティング連盟の李丙煥(イ・ビョンド)会長は、「ピザマルとの取引協定を通じて、定期的に選手にピザを提供できることをうれしく思う」と述べ、「選手やコーチは、厳しいトレーニングの後、楽しい時間を過ごしてください。」ピザマルのイ・ヨンジョン最高経営責任者(CEO)は、「このビジネス契約は、ピザマルの「共存と交際」という経営理念に基づく交際の一環として行われる契約であり、「優れたピザを提供することで、すべての人に喜びを提供できることを願っています。私たちは最高です。」

[左がピザマルCEOのヨンジョン・リー、韓国パラリンピック・パワーリフティング連盟CEOのビョンド・リー(ピザマル提供)]

2017.07

ピザマルが「10,000個のピザを共有するためのリレー」でグッドネイバーズに参加

【e-デイリーレポーターチョン・テソン】

ピザブランド「ピザマル」は19日、国際救援開発NGO「GoodNeighbors」との社会貢献覚書に署名し、「愛のピザを1万個共有するためのリレー」を開始すると発表した。

ピザマルは、本社とフランチャイズから全国ツアー中継方式でピザスナックを地元の児童センターやグッドネイバーズが運営する全国の児童福祉施設に配達します。その目的は、虐待を受けた子供たちや貧困に苦しむ家族の子供たちなど、無視された子供たちが健康な社会の一員として成長するのを助けるために一生懸命働いてきたグッドネイバーズを支援することです。

合計1万枚のピザを配布することを目指しており、本社とフランチャイズオーナーが手を取り合ってより良い世界を実現する契約であるという点で重要です。

マーケティングを共有するグッドネイバーズのゼネラルマネージャーであるファンソンジュ氏は、「地元の子供センターのスナックの子供たちが最も好むのはピザです」と述べ、「子供たちとボランティアの労働者は、ピザマルとのビジネス契約。」

ピザマルのイ・ヨンジョン最高経営責任者(CEO)は、「このビジネス契約は、フランチャイズと本社の間のフランチャイズオーナー会議で思いついたアイデアです」と述べ、「ピザマルのメンバーが自分で作ったピザが子供たちを喜ばせることを願っています」と付け加えました。

その間、ピザマルはさまざまな社会貢献活動との共有と献身を実現し、最近論争を巻き起こしているフランチャイズ業界の「グッドフランチャイズ」企業としての役割モデルになりつつあります。